製品情報 つなぐ”テクノロジーで未来をひらく

ルームスター

製品概要

ルームスターは、西日本電線の屋内配線用ユニットケーブルです。
住宅用分電盤以降の機器及び配線器具への配線をプレハブ化した製品で、戸建住宅及びアパート、ビル・マンションなど様々な建物・施設で利用されています。
従来、電気施工の際に建設現場で行われていた、VVFケーブルの加工(計尺、切断、回路接続、絶縁処理など)を専用工場で行っています。

特長

  • 1. 一貫した設計・生産システム
    お客様から頂いた図面に基いて一品一様の回路設計を行い、ケーブルを所定の長さで切断・回路結線接続などの加工を行っています。
  • 2. 安定した高い品質
    結線したケーブルの全数回路検査を工場で行って出荷しますので、品質面での信頼性に優れています。
    また、(社)日本電線工業会規格(JCS)の認定を取得していますので、接続部分についてもケーブル同等以上の性能を有しています。
  • 3. 省施工で大幅にコストダウン
    ケーブルシースは用途別に色分け、表面には配線先の名称が印字され、誤配線防止とメンテナンス対応に優れています。
  • 4. 現場工期の短縮
    従来、建築現場で行われていたケーブルの計尺・切断・回路接続・絶縁処理及び、照明・スイッチ回路の構成を工場内で加工を行うことで、電気配線作業の軽減及び施工の効率化が図れます。

仕様

  • 1. ルームスターは、電気的・機械的に規格(日本電線工業会規格:JCS4398「屋内配線用ユニットケーブル」)性能確認試験に合格した製品です。
  • 2. ルームスターは、大きく3つの部分で構成されています。
    (1)結線部:複数のケーブルの導体を接続して回路を構成した部分です。
    (2)モールド部:ケーブルの結線部分を容器に収納し、樹脂を充填することにより絶縁処理を施した取付固定するための部分です。
    (3)ケーブル部:ケーブルは、原則としてJISC3342で規定するケーブル(VVF:600Vビニル絶縁ビニルシースケーブル)またはこれと同等性能を有する複合ケーブルで、導体サイズは1.6mm若しくは2.0mmのものを使用します。
  • 3. ルームスターを配線作業する際の行き先(機器及び配線器具)は、ケーブルシース色(赤:電源、青:スイッチ、黄:照明・換気扇、灰:コンセントその他)とケーブ表面の印字で判別ができようにしています。
  • 4. 環境に優しいエコケーブルを使用したEMユニットケーブルもラインナップされています。